第15回日置市社会福祉大会・第4回日置市障がい者福祉大会

 第15回日置市社会福祉大会・第4回日置市障がい者福祉大会が、令和元年10月12()、東市来文化交流センターにおいて、市内外の福祉保健医療関係者約540名余りが出席して開催されました。

  

 ふるさと学園の皆さんによるパワーあふれる和太鼓演奏で幕を開けた今大会。表彰式や福祉作文朗読・事業所及びボランティア活動発表の他、ヤフー株式会社所属 加納慎太郎氏による『未来への扉 車いすフェンシングで掴む 2020東京パラリンピック』と題して記念講演が行われました。

 

 当日は、同会場内で就労支援施設の物品販売や各種相談会、福祉ポスター作品やボランティア活動紹介パネル等の展示も行われました。

 

 今回、はじめて社会福祉大会と障がい者大会が合同で開催されたことで、当事者や支援者等が一堂に集うきっかけづくりとなり、また、お互いに情報共有を図るいい機会となりました。

 

 今大会を開催するにあたり、ご協力いただいた関係者の皆様、会場にお越しいただいた地域の皆様に

 心から感謝申し上げます。