赤十字防災啓発プログラムを体験しました!!

 

      いざという時に!!

 

 平成28年1月29日(金)、東市来の鶴丸地区公民館において、防災啓発プログラムの一環である災害時に役立つ代用品作りを体験しました。

 日本赤十字鹿児島県支部の砂原氏の指導のもと、風呂敷でリュックや包帯巻を作ったり、毛布を使った担架など、緊急時に身近にあるもので簡単にできる災害代用品を教えていただきました。